我們翻譯全球之聲的訊息,讓全世界可以聽見我們的聲音。

閱讀更多 語言翻譯  »

日本: 對於伊藤忠商事株式會社的交易騙局的看法

本文原文發表於2008年十月三十一日

伊藤忠商事株式會社在10月10日發表的聲明中指出,他們在一件與蒙古公司交易建築設備與物資的假交易中,支出將近一千億日幣。伊藤忠(株)於一九九九年開始向一間位於蒙古的供應商購買重型機械,將機器轉售給當地的資源開採公司。但那間開採公司的財務狀況在一年內轉壞而無法支付貨款。而伊藤忠(株)的一位職員,卻粉飾了這個事實,假造出交易仍在擴大進行中的假像。

九月,一位自稱是特許會計師的人士,在以「金融腐蝕列島」為名的部落格上發表對目前經濟危機的意見,以及他對伊藤忠(株)的看法。他在九月十四日所發表的個人第一篇文章中指出

最近遅ればせながら、会計や監査、内部統制という点で、いろいろと考えることが多くなってきました。これから、その内容を少しずつ書いてみようと思います。たまに脱線することがあると思いますが、ご容赦願います。

雖然現在講這個有些晚了,對於會計、審查、及內部控管部份,我有越來越多的想法。我會試著至少將它們寫出來,也許有時候會離題到別的地方,但就別太在意了吧。

九月二十九日,伊藤忠(株)的事件仍未爆發。這位部落客在一篇名為「企業績效下滑時,發生了什麼事情?」的文章中指出:

会社の業績が悪くなると、経営者には、いろいろな負のインセンティブが芽生えます。このことは、ちょっと想像すればわかると思います。人間は、自分が不利 な状況に置かれたとき、その状況から何とかして脱しようとするわけですが、そのとき、必ずしも正当な手段だけを用いるとは限らないわけです。それが人間と いうものです。

一個公司的業績下滑的時候,對於經營者而言,會有許多的想法誘使他去做出錯誤的決定。這只要稍微去想像一下就能夠知道。人類是一種,在被置於對自己不利的情況之下,會做出任何事情去擺脫這種處境的生物。那時,可能就會有些非正當手段出現。

まさに、子供の嘘のようなものです。まともに財務諸表を作ったら、だれの目にもひどい状態なのが明らかになってしまう。倒産するんじゃないか、と思われた ら終わりだ。だったら、この状況を隠してしまえばいい。そのうち回復するから、そのときまで持ちこたえれば大丈夫だ。おそらくそんな発想でしょう。

如果把所有的財務報表都詳實製作,每個人看了後,都會瞭解你們現在所在的處境有多麼艱難。一旦他們有了這種想法,對於公司而言就跟宣告破產沒兩樣。所以把這樣的事態掩飾起來,直到情況好轉,他們就是抱持著這種想法。像是小孩子講的謊話一樣。

[…] 問題は、そういう状況で粉飾があったとき、監査人は何をしていたか、です。表向きは無風の会社が突然倒産し、蓋を開けてみたら実は債務超過だった、なんて こともあるわけです。ホントに、一体何やってたんでしょうね。本当に、見逃していたんでしょうか。そうは思いたくないのですが。

我們可以發現問題的所在是,負責稽查帳務的人在這類事情發生的時候做了什麼?事實上,一向風平浪靜的企業突然破產,仔細的調查後才知道它無力負擔龐大債務,這樣的例子一再的發生。難道是這些稽查員看漏了?我可不願意這麼想。

十月十一日,在伊藤忠(株)的事件爆發後,這位部落客在兩篇系列文的首篇裡寫下這樣的意見。

だいぶ脱線しました。で、クビになった担当課長は何をやったのか、というと、カラ仕入とカラ売りです。商品の受け渡しはなかったにもかかわらず、仕入先か ら仕入したものとして支払いを起こし、その資金を得意先に迂回させた、ということのようです。最初は真っ当に商売をしていたのですが、得意先が資金難に 陥って支払いが滞るようになってきてしまった。そこで、得意先を一時的に支援して、取引を継続してもらおう、そういう意図のようで、報道によれば元課長 は、「取引を広めようと便宜を図った」と言っているようなのです。この売上に見せかけた貸付は、実に8 年間にわたって行われ、貸付総額は1,000億円近くに上るとのことです。

講到目前有點離題了。那麼,那位被解雇的擔任負責人的課長到底做了什麼呢?簡單來說就是買空賣空。就算貨品沒收到也不管,把應付款項迂迴的交給顧客 做為營運資金。剛開始的時候當然是真正的交易,但顧客開始有資金困難後,原本只是為了方便顧客,並且可以持續的進行交易。根據報導中那位課長的說法是: 「為了擴展生意才會方便行事。」

這個實際上是貸款的假交易,竟持續了八年,其總額逼近一千億日幣(約等於十億美元)。

在第二篇文章中,這位部落客特別指出:

いっぺん隠しはじめると、だいたいは足抜けできなくなってしまうものです。そして麻痺してゆくのです。見つからなければ永遠にや り続けたことでしょう。それは人間心理として仕方がないと思います。やはり、最初の入り口。損失額が大したことがない段階で、隠すとろくなことがない、と 思わせる雰囲気や仕組みが会社にあるか。内部統制の本質はそういうところにあるのですが、最近の議論は、なんとなく枝葉末節にこだわりすぎているような気 がします。

一旦你試著掩飾某些東西,通常就會漸漸的無法脫身,接著就對這樣的行為開始麻痺。如果沒被發現的話就會一直的隱藏下去。從人類的心理層面而言,這也 是沒辦法的事。難道在一開始損失金額還沒如此巨大時,在公司內部沒有任何機制會讓他們知道這樣的知情不報會造成什麼後果嗎?我認為這就是企業內部控管的本 質,但最近的那些討論,似乎都把注意力放在不重要的瑣碎細節裡。

這位部落客在文章的最後,以更深入的角度來作為結論。

こうしてみると、この不正を実行するのは、かなり高いハードルをクリアしなければならないことがわかると思います。私なんかは、 もうそれだけで、正直に訳を話して損切りするか融資に切り替えるか、上司に決断させますけど。そうしないと、自分の首が飛びかねませんよね。この課長に何 があったのでしょうね。

如果你的想法也像我一樣的話,這整件事情的處理上來看,可以很清楚的得知有著極大的問題與障礙;如果我是那位課長,我會直接把決定權交給上司,請他 裁斷是要放棄這個客戶或是以融資的角度去協助。若不這樣做的話,被解雇也是無可奈何的吧。所以我實在很懷疑,為何這個課長會做出這樣的決定。

展開對話

作者請 登入 »

須知

  • 留言請互相尊重. 內含仇恨、猥褻與人身攻擊之言論恕無法留言於此.